戦国武将豊臣秀吉出生の地、名古屋市中村区の一日一組限定のお宿。和の文化と地域の歴史文化を、見て感じて体験できる宿を目指します。和の空間、ゆったりとした時間をゆるりとお楽しみいただけたらと思います。

Show和の宿つちやに関わってくれてる人たち Show和の宿つちやのこと ○○プラン 武活道・武将隊・家臣団 豊臣秀吉、加藤清正ゆかりの地など

富士陣羽織ゲット!そしてツッチーついに家臣団入団記念!!武活始めました。家臣団、殿下の家臣の皆様エコ贔屓的なプラン!作ってみました。

投稿日:

こんにちはでござる。ついに家臣団の端くれに入れていただいたツッチーこと土屋でございます。

マイペースですが、武活道に励もうと思います。といっても武活道は何をすればよいのかも、まだわかってません。家臣のみなさまご指導お待ちしてます。

そして宿では太閤殿下(豊臣秀吉公)ゆかりの陣羽織「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織(ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり)」を入手いたしました。

富士山の噴火する様を描いたすごい陣羽織。

いろんな柄の陣羽織を秀吉公はお召になっていたでしょうが、この富士の柄は結構インパクトのある一品だと思います。

本当はもう一つ作りたかったのですが、予算的にまた次回とあきらめました。

大河ドラマ「真田丸」で秀吉公が来ていた「蜻蛉燕柄」。これまたかっこいいのですが、今回は我慢。

しっかり商売繁盛してから必ず作ろうと思います。

この陣羽織はSNSを通してご縁をいただいた東北の奥州王さんに作ってもらいました。奥州王さんは甲冑や陣羽織、戦国グッズなどを制作、販売して見えるお店で、今回陣羽織を制作していただきました。素敵な陣羽織作成いただきありがとうございました。

さてさて、今回家臣の端くれに加えていただいたこと、ナイスな陣羽織を手に入れたことを記念し、こんなプランを考えてみました。

題して『Show和の宿つちや初夏の陣、武活道応援!家臣団援軍プラン!』

長い、、、(笑)

えー、ようはShow和の宿つちやが武活道をしている家臣や領民の皆様や、もちろん○○武将隊の方(もちろん姫も)の名古屋遠征の援軍になろうという企画です。

≪プラン内容≫

*定員は5名まで(幼児の添い寝はプラス2名までokです)

*兵糧はご用意しておりません。近隣にてご調達または腹ごしらえしてください。(ご必要であればご紹介等いたします)

*宿泊(室料)金額 平日 通常は32400円(税込) → 21600円(税込)

土曜日(休前日) 通常 43200円(税込) → 37800円(税込)

チェックイン時にご精算お願いいたします。

*チェックイン : 16:00~21:00 、チェックアウト : ~10:00

*期間 2018年5月7日(月)~2018年7月8日(日)の約2か月間

*宿主つっちーの都合がよければ、翌日豊国神社あたりまでご案内します。(応相談)

*泊りでなくてオフ会や軍議で場所だけ日中に使いたい、撮影だけしたいなど宿泊以外でも何かあればご相談ください。(平日であればご相談させていただけると思います)

≪条件≫

*チェックイン時に家臣の証、武活道のグッズ、武将である事の何か、豊国神社のご朱印?など何か1点確認させていただきます。

特に太閤殿下の家臣の方には特別につちやのおいしい兵糧味噌?(陣中焼き味噌)を献上します(笑)

ただし、もし武外者(武活道とは関係ない方)であった場合は切腹とは申し上げませんが(笑)、通常料金のお支払となります。

*滞在中にSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタ等)にて、陣羽織を着ても着なくてもよいですが、何か投稿お願いいたします。ぜひ着用して撮影してくださいね。

*ご予約は直接(HP、メール、電話、SNS、書簡)のご予約のみとさせていただきます。予約サイト経由の物は不可

ご予約の際には「援軍プラン」もしくは「家臣です」とお伝えください。

場合によっては味方かどうか確認させていただくことがあります。その際の合言葉は「千成瓢箪(せんなりびょうたん)」です。

また期間中に思いつくことがあれば追記する可能性もありますが、とりいそぎこんな感じでお試し的にやってみようと思います。

何かご希望、ご要望、その他こんなことしたらどう?などございましたら、そっとお知らせください。一人軍議し検討いたします(笑)

Show和の宿つちや~豊臣の隠れ茶の間~は名古屋駅から地下鉄東山線で2駅「本陣」から徒歩5分です。日吉丸が遊んだ中村の豊国神社は徒歩10分少々です。

お問い合わせはこちらから   電話番号052-451-0028

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

土屋造

名古屋の旅館の三代目として生まれ育ち、小さな頃から身近に和に触れてきたおかげか、めっぽう和柄が好き。鯉の滝登りや金魚柄、青海波柄など見ると思わず手に取ってしまいます(笑)旅館はいったん閉めたけど、自分の好きなことを取り入れた宿『Show和の宿つちや』をスタート。さてこれからどう展開しようか。

-Show和の宿つちやに関わってくれてる人たち, Show和の宿つちやのこと, ○○プラン, 武活道・武将隊・家臣団, 豊臣秀吉、加藤清正ゆかりの地など
-